ガンが治る食事療法

肺ガンの症状と治療法

ガンの中でも最も死亡者数が多い肺ガンです。年間5万人以上の人が肺ガンで亡くなっています。ちなみに患者数は6万人弱であり、発見が難しいゆえに、死亡率が非常に高いガンであると言えます。

 

さらに言うと、肺ガンはいろんな臓器に遠隔転移しやすいのが特徴で、発症率が高いだけではなく、進行すると治療が極めて困難です。

代表的な転移先に、脳、骨、肝臓などへの転移があります。

 

肺ガンの原因

肺ガンの原因で一番言われているのは、喫煙との関係です。もちろん喫煙本数、喫煙年数、喫煙開始時期の若さなどで発症率が変わってきます。

 

肺ガンの症状

肺門部がんでは、早い時期から、せき、たん、血たんなどがみられます。少し進行すると発熱、胸痛、さらに進行するとガンによる気管支閉塞のため、肺に空気が入らない現象が起こります(つまり呼吸が苦しくなる)

 

肺ガンの治療法

肺ガンの15〜20%を占める小細胞がんは抗がん剤による治癒が望めますが、そのほかのケースでは基本的に抗がん剤は効きません

初期の場合手術を行いますが、早期がんでリンパ節転移が無ければ70〜80%の確率で治癒します。

しかし、肺ガンは発見が難しいガンで、手術が受けられる状態で発見されるのは30%程度。手術した患者全体の治癒率は50%です。

 

それ以外の患者には抗がん剤、放射線などが行われますが、多少の延命効果があるだけで、治癒率は非常に低いです。

参考:肺ガンの克服例

 

各部のガンについて