ガンが治る食事療法

胃ガンの症状と治療法

日本で最も患者数が多いのがこの胃がん。毎年10万人が胃がんにかかっており、死亡者数は5万人。

ガンの中では比較的治癒率が高いガンです。

年齢的には50〜60歳代がピークです。男性が女性の2倍ほど。手術により、早期なら5年生存率は95%です。

 

胃ガンの原因

胃ガンの原因は食物をはじめとする「胃内環境」が重要視されています。単一の原因ではなく、さまざまな要因が重なることにより粘膜細胞が刺激されて、ガン化すると考えられています。

要因として、喫煙、塩分過多、慢性胃炎、ピロリ菌、アルコール、食品添加物など。

 

胃ガンの症状

胃がんのほぼ半数が無症状であり、定期的な検査が重要です。潰瘍と同じような症状が出ることがあり、空腹時のみぞおちの痛みがあれば、検査に行くことをおすすめします。

 

胃ガンの治療法

基本的に摘出手術が行われます。ごく初期の場合、内視鏡手術で治療できることもあります。

ただ、内視鏡手術が出来るのは 「絶対にリンパへ転移していないと言い切れる場合」のみであり、 ほとんどの場合、手術が必要です。

他のガンと同じく、末期の場合は手術も出来ません。

 

ちなみに、胃がんに対しては、抗がん剤、放射線は効果がありません

 

参考:胃ガンの克服例

 

各部のガンについて