ガンが治る食事療法

肝臓ガンの症状と治療法

年間死亡者数は約3万4千人。死亡者数、患者数とも第4位のガンです。

9割以上が、他のガンからの転移であり、50〜60代の男性の多く発症します。

 

 

肝臓ガンの原因

肝臓ガンの原因はほとんどが他のガンからの転移。それ以外の原因として、肝炎ウイルスが上げられます。

また、肝臓は体内の毒物処理場であるため、タバコやアルコール、食品添加物などの害にさらされやすくもあります。

 

肝臓ガンの症状

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、ほとんど無症状です。

 

肝臓ガンの治療法

肝臓ガンの場合、ガンの治療と、すでに低下している肝機能を損なわずに保持することが重要です。

肝障害の程度により、治療法が異なるので、患者一人一人にあった方法が採られます。

 

肝臓ガンの治療として挙げられるのが、切除手術、肝移植、局所療法(エタノール注入でがん細胞を壊死させる方法が一般的)、冠動脈塞栓術(肝臓への血流を止め、がん細胞を兵量攻めにする方法)など。

 

また肝臓ガンは再発率が約8割と非常に高いですが、再発後の死亡率は比較的低いです。ちなみに肝臓ガンには抗がん剤は効果がありません。

 

参考:肝臓ガンの克服例

 

各部のガンについて