ガンが治る食事療法

乳がんの症状と治療法

年間死亡者数は約1万人。女性では最も発症率が高いガンです。

ですが、近年は早期発見と治療法の進歩で、5年生存率は80〜90%と高い数値を挙げています。30代後半から急激に増え始め、40台後半でピークを向かえます。

 

乳がんの原因

原因は女性ホルモンが関わっていて、分泌期間が長いと危険性が増します。初潮が早い、閉経が遅い、出産経験がない、初産が30歳以上などの女性は乳がんになりやすいと言われています。

近年は晩婚、少子化、食の欧米化などが影響して乳がんが増加しています。

 

乳がんの症状

最も多い症状は乳房のしこりです。乳房の大きさが左右違う、赤くなる、乳首の部分が赤くただれる、皮膚がごわごわと硬くなるなどの症状に注意しましょう。

とくに”しこり”は、固いものからやわらかいもの、痛みの有るもの無いものなどさまざまなので、片側の乳房が違うようなら注意してください。

また血液が混じる茶褐色の分泌液が出た場合は、ガンを含めたさまざまな病気の可能性があるので、すぐに受診してください。

 

乳がんの治療法

治療の基本は手術です。最近では乳房を温存してガンだけを切除する温存法が進んでいます。リンパの転移などがある場合、がん細胞が広がってる場合は、乳房の全摘出もあります。

ちなみに乳がんに効果的な抗がん剤はありません

 

参考:乳がんを克服した阿部さんの例宮本さんの例

 

各部のガンについて