ガンが治る食事療法

すい臓ガンの症状と治療法

年間死亡者数は約2万人。 過去20年で3〜4倍という増加率。

男性に多く発症し、40〜80歳代でほとんど

すい臓は、体の深いところにあり、早期には自覚症状も無いので、見つかった頃にはすでに転移を起こしている場合が多いです。

ゆえに治りにくいがんの代名詞と言えます。

 

すい臓ガンの原因

すい臓ガンの原因はよく分かっていませんが、喫煙、コーヒーの飲みすぎの他に、動物性脂肪や高たんぱく、緑黄色野菜の摂取不足などが挙げられます。

また糖尿病患者のすい臓がん発症率が高いと言われています。

 

すい臓ガンの症状

早期には目立った自覚症状はありません。

腹部の鈍痛、背中が重苦しい、食欲の低下、体重の減少などが見られることもあります。これらの痛みはいったん治まり、2〜3ヵ月後に再び痛み出すことがありますが、そのときにはかなり悪化していることが多いです。

また、黄疸、白目部分の黄色化、尿の色が濃くなるなどの症状が現れることがあります。

 

すい臓ガンの治療法

治療の基本は手術

ただし、約6割が手術も出来ず、放射線や抗がん剤、温熱療法などを組み合わせる延命治療が試みられるだけです。

ちなみにすい臓がんには抗がん剤の効果は期待できません。

 

参考:すい臓ガンの克服例

 

各部のガンについて

 

各部のガンについて