ガンが治る食事療法

抗がん剤が逆に発がん剤になることがある

抗がん剤を服用すると、副作用があることは広く知られています。抗がん剤は細胞の分裂を抑制するわけですが、正常な細胞にも働きます。細胞分裂が抑制された正常な細胞は、時にガン化することがあるそうです。

 

アメリカ国立ガン研究所による約15万人のガン患者の治療歴を調べたデータがあります。各種のガンで抗がん剤治療を行った後、別のガンになった人たちを調べると、共通点があることが分かりました。

元のガン 抗がん剤治療により転移したガン
肺がん
乳がん
卵巣がん
白血病
乳がん
骨髄細胞腫
膀胱がん
卵巣がん 大腸がん
白血病 肺がん

このデータによると、肺がん患者が抗がん剤治療を行うと、白血病を引き起こす可能性が高いことが分かります。

 

ガンについてのコラム