ガンが治る食事療法

抗がん剤は

どんなガンにも効くわけではありません

 

一般には抗がん剤はどの種類のガンにも一様に効くと思われていますが、実は大きな誤解で、抗がん剤が効果を発揮するガンもあれば、ほとんど効かないガンもあります。

 

以下の表は、抗がん剤が効くガンと効かないガンの一例です

抗がん剤が効かないガン 抗がん剤が効くガン

・胃ガン
・乳ガン
・大腸ガン
・肺ガン(小細胞ガン以外)
・肝臓ガン
・子宮ガン(じゅう毛ガン以外)
・食道ガン
・すい臓ガン
・腎臓ガン
・甲状腺ガン
・転移ガン、再発ガン全般

・子供の急性白血病
・多くの小児ガン
・一部の卵巣ガン
・睾丸腫瘍
・肺ガン(小細胞ガン)
・子宮ガン(じゅう毛ガン)
・一部の悪性リンパ腫

 

*小細胞ガンは肺ガンの15〜20%、じゅう毛ガンは子宮ガンの1%以下の確率で発症します

※ 医師や薬剤師によって解釈が異なります

 

抗がん剤が効かない、効きにくいと言われているガンに対しても、抗がん剤治療が行われる場合があります。他に方法がない、可能性は低いけど、その可能性に掛けているなどが大きな理由です。

 

ちなみに抗がん剤の値段は・・・
内服薬:50円〜8000円(1錠あたり)
点滴:250円〜10万円(1回あたり)

 

ガンについてのコラム